善玉菌について

MENU

善玉菌について

「善玉菌」「悪玉菌」と名前をよく耳にする人も多いでしょう。
これらの菌は、腸内細菌と呼ばれるもので、人間の腸内に存在している細菌となっています。

 

善玉菌は、腸内環境を整えるために必要な菌であり、悪影響を及ぼす悪玉菌を排除してくれる働きを持っています。よって、腸に善玉菌がある方が健康を維持することができるのです。

 

乳酸菌の仲間でもあるビフィズス菌、乳酸桿菌などが善玉菌として挙げられます。
善玉菌は悪玉菌と違い、悪臭がなく、腐敗物質を生み出しません。

 

腸内環境を良くしてくれる善玉菌が増える環境というのは、有機酸が多い環境となります。
有機酸が多ければ多いほど善玉菌が増え、その環境では悪玉菌も生み出されることはありません。

 

善玉菌が減少することにより、悪玉菌が腸内環境を埋め尽くし、便秘の要因となってしまうのです。

 

どのようにすれば善玉菌を増やすことができるのか。

 

それは、善玉菌が多く含まれている食品やサプリメントを摂取することです。

 

善玉菌となる乳酸菌がたくさん含まれているヨーグルトといった食品を食べることで善玉菌が腸内で繁殖し、有機酸が豊富な環境にしてくれます。特に、特定保険用食品として認可されているヨーグルトや乳酸菌飲料がお勧めです。

 

認可されているということは、安全性も効果も高いということになります。
スーパーやコンビニ等で販売されているのでチェックしてみて下さい。

 

胃腸が弱い方や便秘で悩んでいる方にとって善玉菌は、大きな力となってくれる菌です。
毎日積極的に摂取していくと徐々に腸内環境を改善することができるでしょう。