便秘改善に効く運動

MENU

便秘改善に効く運動

便秘改善には運動が良いと言いますが、すでにかなり便秘が続いていて、腸がパンパンに張っているような情況で運動を行うことはおすすめ出来ません。

 

無理な負荷がかかって吐き気がしたり、ひどい場合は腸に傷害が出て病院へ行くことになりかねません。運動は、便秘の予防や1日2日の軽い便秘の段階で行う程度にしましょう。

 

普段の生活では、ウォーキングなどの有酸素運動がおすすめですが、腸の動きが鈍っているなと感じる時には、部屋の中で出来るぜん動運動を促すための運動が効果的です。

 

簡単なのはベッドの上でも出来るツイスト運動です。

 

仰向けに寝たまま片方の足の膝を曲げて、反対側の腰のあたりに膝をつけるようにひねりましょう。なるべく上半身は上を向いたまま、もしくは可能なら反対側へねじるようにして腸を伸ばすと効果的です。ひねったら5秒から10秒はそのままキープしましょう。

 

腰が悪いなどひねりが難しい場合は、呼吸を使った運動がおすすめです。

 

椅子に浅めに腰かけて、足をしっかり床につけて膝を少し開き少し前かがみになって自分のへそのあたりを見るような姿勢を取ります。両手はももの上に置くか、脇腹あたりに添えましょう。

 

腹筋をしっかり意識して、口をすぼめて強く息を吐き切り、吐いた反動で鼻からゆっくり深く息を吸います。なるべくゆっくり行うのがポイントで、これだけだけでも20回ほどやると軽く汗ばむほどの運動になります。

 

息は止めないように、高齢者でも出来る運動です。