便秘改善対策には何が有効?

MENU

便秘改善対策には何が有効?

自分の便秘が常習性の便秘だとわかったところで始めたいのが、日常生活の中での便秘改善対策です。それにはまず、常習性便秘を引き起こしている原因として挙げられているものを1つずつチェックして、自分に当てはまるものを排除・解決することが先決ですね。

 

まず、一番に挙げられているのが食事の内容です。

 

食べたものが出て行くわけですから、もちろん関係が深いですね。
原因となるのは食事量、そして食材です。

 

食事量が少ないと便が作られにくくなり、排便したくても便が足りない状態になります。
これはダイエット中の人に多いですが、これも便秘の原因です。

 

そして食物繊維の不足は、捨てたいものを集めるための道具が足りない状態と言えます。

 

昔、畳の部屋の掃除をする時に、出がらしのお茶っ葉を撒いてホウキで履くという生活の知恵がありましたが、腸内の食物繊維はまさにこのお茶っ葉の役目と同じもの。

 

お茶っ葉が隅々の取れにくいチリやホコリを絡めとって大きく膨れてくれるので、お茶っ葉ごと捨ててしまえば部屋がとてもキレイになるのです。

 

反対に便秘に悪い食べ物が肉類中心の食生活で、腸の長い日本人には肉食は腸内での腐敗を呼びやすい食事です。もちろん適量を摂るのは大事なことですが、肉ばかりに偏っていると、いわゆる悪玉菌と呼ばれる菌のエサが多くなり、腐敗を呼んでしまいます。

 

悪玉菌は腸内をアルカリ性に傾けるために腸のぜん動運動が鈍くなり、排便がしにくくなります。

 

しかもメタンガスなど有毒ガスを腸内で発生させるので、おならが溜まってお腹が張り、しかも排泄がしにくくなるという最悪の循環になりますね。

 

便秘改善対策は、適した食材を適量食べる、そんなシンプルなところから始まるのです。