悪玉菌が増えてしまうと・・・

MENU

悪玉菌が増えてしまうと・・・

善玉菌・悪玉菌という呼び方は、腸内細菌研究の第一人者である東京大学名誉教授の光岡知足(みつおか ともたり)博士がつけられたネーミングです。

 

菌に善悪があるわけではありませんが、人間にとって有用にはたらいてくれる菌が善玉菌、人間にとってはまったく悪い方向にしかはたらいてくれないのが悪玉菌です。

 

善玉菌の有名なものはビフィズス菌で、悪玉菌の有名なものは大腸菌やウェルシュ菌です。
大腸菌は場合によっては有用にはたらく場合もあるようですが、ウェルシュ菌は悪いことしかしないと博士もおっしゃっている困った存在です。

 

善玉菌は、腸内を弱酸性に保ち、ぜん動運動が活発になるように整えてくれるのが大きなはたらきです。腸にとっては活動しやすい情況、私たちにとっては快調な腸をキープ出来る情況です。

 

どんなに良い食事を摂っても、腸が活発にはたらいてくれない限りは理想的な排便は出来ません。

 

悪玉菌が増えてしまうと、腸内をアルカリ性にして腸がはたらきにくい環境にしてしまうばかりか、間接的には腸内の病気を誘発するとも言われています。

 

ただ、善玉菌がしっかりしていれば悪玉菌もそうそう悪さは出来ないようで、腸内バランスを保つことは身体全体の健康を保つことに直結すると言われています。

 

善玉菌はただ単に、便秘を解消する以上の重要な仕事をしてくれているわけですね。

 

腸内には善玉菌と悪玉菌以外にも日和見菌というどちらとも言えない菌が棲息していますが、善玉菌がリーダーシップを取っている限りは善側ではたらくそうですよ。